テレホンエッチを成功させるための下準備

いきなりテレホンエッチを始める前に、事前に「設定」を決めておくことでよりよいテレホンエッチを楽しめます。この記事では最低限考えておくべき下準備の内容を紹介します。

テレホンエッチは準備が肝心

テレホンエッチは、相手と電話がつながればすぐにエロトークがはじまります。

電話をかけてきている相手の女性も「エッチな気分」でかけてきているのですから、当然です。

でも、電話をかけて、つながった瞬間にいきなり自己中心的にエロトークを始めてはいけません。

エッチな気分の女性のテンションが下がり、ガチャ切りされるだけです。

そこで、実際に電話をかける前に準備しておくべきことをまとめました。

この記事の内容を読んで頭の中で整理してからスタートするようにしてください。

そうすれば、電話がつながってから困ることがなくなります。

なによりも、その方がずっと最高のテレホンエッチができるということをお約束します。

エロトークへの誘い方・導き方

電話をかけて相手とつながったら、「こんばんは」のように軽く挨拶して、真っ先に相手の名前を聞いてください。「なにさんと呼べばいいですか?」でOKです。名前なんてどうせ本名ではありませんが、名前は必須です。

(というか私の経験上、本名のケースの方が多いですが。)

次に、「電話のみでテレホンエッチすること」が目的なのか、「最初から会うことを前提としているのか」という二つの目的に分けなければなにません。

これが根本的に間違っていると、話がまったくかみ合いません。

ただ、これは電話をかける時点で、「テレホンエッチコーナー」や「即アポコーナー」という感じのコーナー分けである程度選別できます。

あるいは、テレホンエッチに話をもっていって反応を見たり、「会える人を探しています」と言ってしまうのも手です。

どちらにせよ、最低限、会う目的なのか、そうでないのかは識別しておいてください。

この記事では、前者の「テレホンエッチ目的」のケースに的を絞って解説します。

といっても、テレホンエッチ目的の女性をエロトークに誘い込む方法は超簡単です。

「○○さん(相手)の声を聞いているだけでチ○コがもう立ってきました。」

この一言でOKです。

今まで生きてきて、これで失敗したことはありません。

キャラ設定を共有しよう

テレホンエッチをする上で、キャラ設定は最重要です。

相手との会話の中で、お兄ちゃんと妹になってみようというような話になったり、相手が明らかなM女や女王様なら、必然的にテーマが決まります。その場合は問題ありません。

一つだけ注意が必要なのは、早い段階で、あなた自身がSなのかMなのかを断言しないことです。

あなたがSなのかMなのかは、先に相手がSなのかMなのかを確認してから、臨機応変に変えるべきことです。

つまり、あなた自身が本当はSであっても、相手の女性がSだとわかればMになりきるべきですし、あなた自身が本当はMであっても、相手の女性がMだとわかればSになりきることも必要なのです。

但し、これは「必ずそうしなければいけない」というルールではありません。

あくまでも、相手に合わせて、「相手が望む人」になりきった方が、「美味しい思い」ができるという私の経験上のアドバイスです。

やり方を事前に決めておこう

最後にもう一つ、テレホンエッチに入る前に決めておくべきことは、「やり方」です。

テレホンエッチのやり方は2種類の方式があって、それは「リアルセックス方式」と「疑似セックス方式」の2つに分類されます。

「リアルセックス方式」とは、離れた場所にいる二人が、お互いのオナニーをサポートし合うという意味合いがあります。

具体的には、「○○を触ってごらん」「○○に指を入れてごらん」というように、あくまでも、「相手の女性に自分自身の手でオナニーさせる」というのが「リアルセックス方式」です。

「疑似セックス方式」とは、電話越しで会話をしているにもかかわらず、同じ場所で実際にセックスをしているかのように振る舞うやり方です。

具体的には、「今から入れるよ」「○○ちゃんのアソコはすごく締まって気持ちいい」というように、仮想のセックスをする方式です。

正直言って、どっちでもいいんですが、これを途中で混ぜてしまうと、矛盾が生じて現実に戻ってしまいます。

相手との話し合いで決める必要はありません。あなたの中でルールを決めておくだけでOKです。