過激なテレフォンセックスとその後ラブホテルで生のセックス!

宮城県にお住まいのラバウル小唄さん(30歳 男性 宮城県 自営業(フリーランス))からいただいた電話エッチ体験談です。

ラバウル小唄さんはムラムラしたある日、友人から勧められていたツーショットダイヤルで近所の女性とつながります。
美人なご近所さんは過激な発言で挑発してきて、あっさりテレフォンセックスで絶頂へ。
意気投合したふたりは、実際に会う約束をし、ラブホへと向かうことに・・。

テレフォンセックスの相手と実際にセックス
テレフォンセックスの相手と実際にセックス

こんにちは。

僕は30歳の男性です。

職業としては現在、自営業(フリーランス)をしております。

今日は僕が体験した過激なテレフォンセックスの体験談を書いていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

ムラムラしたので仙台MAXを利用!

いつものように仕事をしていた僕でしたが、ある日の夜の事です。

いつも以上にムラムラしてしまった僕は、以前から友人に勧められていた「仙台MAX」というツーショットダイヤルを利用してみる事にしました。

利用方法は簡単です。

自分の住んでいる近所の女性と、電話で繋がって話すという感じです。

会話の内容は殆どエッチな内容となります(笑)

ツーショットダイヤルを利用するようになって、「女性達もかなりエロいんだな」と思ったほどです。

因みにラッキーコードなるものがあり、このラッキーコードを入手すると無料体験もできるので、是非とも利用してみてくださいね。

因みに自分が利用した時の、仙台MAXのラッキーコードは「7777」でした。

そして、無料体験中に近所の女性と繋がる事ができました。

最初は世間話をしていたのですが、お互いに「ムラムラしている」「セックスしたい」という話題となりました(笑)

そんなこんなで、無料体験は終了となったので、本格的に利用する事にしました。

因みに料金はポイント制となります。

エロい会話でテレフォンセックスをしました

本格的な利用を開始すると、先ほどお話した女性とまた繋がりました。

この女性も、かなり飢えているようで、

「男性のアレが欲しい」「舐めたい!」

なんて言うのです(笑)

因みに相手の容姿は中々美人系でして、僕と同い年という事が分かりました。

普段は普通のOLさんです。

そして、女性から

「あなたの舐めていいかしら?」

というので、僕は

「どうぞ!お好きなように!」

といい、

「あぁ。気持ちいい!」

というと、女性も実際に舐めているような「エロい音」を出しています。

もうこの時点で僕のアレはカッチカチであり、カウパー液も出ておりました。

いよいよ挿入!という感じの雰囲気となり、僕から男らしく

「挿れるよ!」

というと、女性が

「いいよ。ちょうだい」

というので、積極的に挿入をして、セックスをしました。

彼女が絶頂を味わった後に、僕も気持ちよくなり、射精をしてしまったのです(笑)

かなり勢いの良い精子だったと思います。

実際に会う事になりました!

このテレフォンセックスの後に、意気投合した僕たちは、世間話もそこそこに「実際に会ってみよう!」という事になり、近所の並木道を待ち合わせ場所としました。

待ち合わせ場所へ行ってみると彼女はすでに到着していて、一度テレフォンセックスしている仲だからか、初めて会ったという感じはしませんでした。

僕が

「よう!」

というと、あっちも

「うぃーっす!」

っていう感じでした。

とりあえず、近所のコーヒーショップへ入り、どうでもいい話やら面白い話をしてから、エロい話となりました(笑)

彼女はなかなかの変態らしく、男性のアレを想像してからじゃないと夜寝付けない状態だというのです。

僕は心の中で、「今日いけるんじゃね?」と思い、ストレートに

「今からラブホに行って俺の試してみる?」

というと、

「仕方ないね^^エッチしてもいいよ」

と言ってくれました!

すぐに仙台の立町のラブホ街へ直行!

チェックインして部屋に入り、2人でシャワーを浴びました。

僕は普段筋トレをしているので、意外と引き締まっている身体をしています。

彼女はマッチョ好きなようで、

「お?カッコイイじゃん。身体!」「どういうセックスするのかな?」

なんて興味津々でした(笑)

シャワーを出たら、ベッドへGO!

すぐにセックスをしましたが、テレフォンセックスとは違い、生のセックスはやはり最高でした(笑)

ここぞとばかりにフィニッシュは彼女の胸やら首元に射精をしましたが、彼女は

「もっと!もっと精子ちょうだい!」

と言っておりました。

その後、解散したのですが、今ではお互いに「セックスしたい!」となったら、会ってセックスするという関係となっております。

因みにこのツーショットダイヤルの「仙台MAX」を利用して思った事は、ちょっとした欲求不満ならばテレフォンセックスで十分解消できてしまうということです。

お互いにがっつり溜まっているのならば、実際に待ち合わせをしてからセックスするのがいいと思いました。

何にせよこのツーショットダイヤルが僕らを引き合わせてくれたのですから、感謝しておりますし、テレフォンセックスと生のセックスの良さを知る事ができて、とても勉強にもなりました。

おまけに最高のセフレもできたので大満足です!

皆さんも機会があれば、是非ともツーショットダイヤルを利用してみてくださいね。


ラバウル小唄さん、電話エッチ体験談投稿ありがとうございます。

テレフォンセックスから実際のエッチにつながることは多いです。

一度テレフォンセックスした相手なら相性も確かめられてますし、心が開けているんでしょうね。

テレフォンセックスで相手のツボをある程度知ったうえでリアルセックスをするとイカせやすいとの話も聞きます。

生セックスが好きな人もテレフォンセックスの腕を磨いていくとチャンスが増えるのではないでしょうか。